再生・成長レポート

【100均のサンセベリア】 植え替え手順紹介〜栽培レポート!

“めぐ”
“めぐ”
こんにちは、管理人のめぐです。

本日は、100均(ダイソー)で購入した「サンセベリア」

「栽培レポート&植え替え手順」の説明です。

2号ポットに入った「サンセベリア」がダイソーさんで売っていたので、速攻で購入して来ました。

大きな株を購入すると、まぁまぁお高いので、

100均で購入して、大きく育てるのも、楽しみがあって良いですね。

「サンセベリア」は、24時間、二酸化炭素を吸って、酸素を出してくれているため、『寝室』に置いても良いです。

 

それでは実際に2号ポットから「素焼き鉢の3号ポット」に植え替えをしたので

以下に、画像付きで解説していきたいと思います。

では早速、本題に入ります。

 

【サンセベリア】の育て方♡株わけ・葉挿しをして一度にたくさん増やそう!

 

ダイソーの園芸用品のレビュー記事はこちら

 

【100均のサンスベリア】 植え替え〜栽培レポート!

100均(ダイソー)で買った商品ばかりを使用して、

「サンセベリア 」の植え替えをしました。

 

使用したもの(全てダイソー)
  • 鉢底ネット
  • 3号鉢(素焼き)
  • 土入れ
  • 鉢底石
  • 観葉植物の土(赤玉土・パールライトを1割程度ずつ混ぜた)
  • 手袋・防水シーツ

 

2021年5月15日購入・翌日に3号鉢へ植え替え

 

100均の鉢底ネットと素焼きの3号鉢を使用しました。

 

100均の「鉢底ネット(18枚入り)は直径10cmあるため(3号鉢は9cm)ハサミで切って入れました。

 

これもまたダイソーの鉢底石です。とても軽くて扱いやすいです。

 

鉢底に薄く敷き詰めました。 水の「通気性」が良くなります。

 

鉢底石の上に、上記の配合の 培養土を薄く(2cmくらい)敷きます。

 

赤ちゃんサンスベリア のポットを軽くもんで、そっと取り出します。

 

取り出すと、ちゃんと根が張っていて良かったです!
この土を落とし、鉢に投入します。

 

サンスベリアの株が、 鉢の中央にくるように固定して、周囲に培養土を入れます。
鉢を揺すったり、トントンと叩いたりして、用土を 隙間なく入れます。

 

表面を軽く手で押さえて、グラグラしないように固定します。

 

先ほどの用土の上に、さらに 「赤玉土」を敷き詰めました。

私は、見た目も可愛いし、水はけも良くなるし、

コバエも来にくくなるようなので、いつもこの方法で仕上げをします。

コバエは、表土の2〜3cm入ったところに卵をうみつけため、

  • 「赤玉土」は 有機質を含まないため、コバエの産卵防止に役立ちます!
  • 表土が乾くと色が白っぽくなるので「水やり」のタイミングがわかります。

 

“めぐ”
“めぐ”
それでは、以下に「100均(ダイソー)で買ったサンセベリア 」の成長記録をレポートします。

 

2021年5月16日:購入日

2021年5月16日現在は、とてもとても小さくて可愛らしい「サンセベリア」です。

 

“めぐ”
“めぐ”
植え替え時の背丈は 「13cm」でした。

 

葉は固くて「根詰まり」などのまったくしていません。

サンセベリア は多肉植物のため、特に通気性を良くして「根ぐされ」に注意する必要があります!

そのため筆者は、乾きの早い「素焼きの鉢」を選びました。

乾くのが早いということは、「水やりが大変」ということですが、

初めて育てるサンセベリア に何かあっては絶対にいやなので、

安全策をとりました💗

 

2021年7月4日の様子

 

葉の1つ1つが固くしっかりとした株に育っています!

 

購入から約1カ月半ほど経ちました。

背丈が、鉢の底から19cmほどに成長しました。

 

“めぐ”
“めぐ”
購入時に写真を撮っていなかったのですが、「背丈が15cm」だったので4cm成長しました!

水やりは、1週間に1回与えています。

やはり「素焼き鉢」は乾きがすごく早く、水を与えて2日後にはもう、

赤玉土の色が「白色」に変わり、表土が乾いていることがわかります。

初めは、「サスティー 」を挿していましたが、乾燥気味に育てる方法が

だんだんとわかって来たので今は使っていません。

 

サンスベリアは成長が早いため、この夏でもっともっと成長するんじゃないかなと思っています。

これからも随時、「サンスベリア」の赤ちゃんの栽培レポートを加筆して行きますので、

また遊びに来てくださいね!

ではまた💗

 

【サンセベリア】の育て方♡株わけ・葉挿しをして一度にたくさん増やそう!サンセベリア の育て方のポイント 置き場所 室内では日光の当たる場所が良い。夏に外に出す場合は、半日陰に置く。耐陰性があるので日当たりが悪くても育つが、葉の色が悪くなったりヒョロヒョロと軟弱になる。冬は、10℃以上の場所が適すが、水を切って休眠状態にすれば5℃程度でも越冬できる。 水やり 5〜9月の成長期には、表土がやや乾いたらたっぷりと与える。10月頃から徐々に水やりの頻度を減らし、冬は与えずに休眠状態にする。多少葉に シワが入ることがあるが大丈夫。気温が上昇して徐々に水やりの回数を増やすと、また元に戻る。 肥料 春に 緩効性肥料を与える。 病害虫対策 まれにカイガラムシが付くことがある。...

 

(画像あり)100均パキラ成長記録|植え替え&葉っぱ切ると大きくなるぞ!パキラの葉っぱは切りましょう! パキラが伸びたままのデメリット 葉が成長し、重なって密になっています。 葉が密になると、中が蒸れてカビが生えたり、虫が発生するリスクがあります。 小さな新芽に日が当たらないことで、パキラの成長を阻害してしまう恐れもあります。...

 

【100均(ダイソー)の園芸用品・17選】実際に使用したリアルな感想!100円均一「ダイソー」で販売している「園芸用品」は優秀なものが多いです。 お値段の張る「ホームセンター」などで高価なものを買わなくても、 ダイソーで十分こと足りることがわかります。 錆びたり、壊れたりしても、また新品を購入すれば気持ちも新たに「ガーデニング」が楽しめます。...

 

 

 

ABOUT ME
Megu
観葉植物の専門ブログです。 挿し木、取り木、葉挿しなどの増やし方や、 剪定方法、植え替え方法などの解説と、 「ドラセナ、モンステラ、パキラ、サンセベリア 」などの 再生・栽培レポートも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。