観葉植物・育て方

【アンスリウム】の基本的な育て方と株分けして植え替える方法を解説!

“めぐ”
“めぐ”
こんにちは、 管理人のめぐです。

本日は 「アンスリウムの育て方(株分け)」の記事です。

アンスリウムは、順調に育つと鉢いっぱいにまで成長するため「株分け」して植え替える必要があります。

詳しい 「株分け」のやり方を以下に解説しますので

最後までよろしくお願いします。

それでは早速、本題に入ります。

 

【アンスリウム】の基本的な育て方と株分けして植え替える方法を解説!

別名 オオベニウチワ
科名 サトイモ科
原産地 コロンビア
日当たり 半日陰
冬越し温度 最低10℃以上
花言葉 赤:情熱
白:熱心
ピンク:飾らない美しさ

 

カレンダー

日当たり
  • 1月〜6月中旬:レース越し
  • 6月中旬〜9月中旬:半日陰
  • 9月中旬〜12月末:レース越し
水やり
  • 1月〜3月中旬:鉢土
  • 3月中旬〜6月末:表土
  • 7月〜8月末:やや
  • 9月〜10月中旬:表土
  • 10月中旬〜12月末:鉢土
植え替え 4月中旬〜9月はじめ
増やし方 5月〜8月中旬:株分け、取り木

 

名前の由来や品種の特徴

花のように見えるのは「苞(ほう)」で、葉の変化したもの(変態葉)です。

鉢の元気が落ちないように 早めにカットします。

仏像の後光のようなため、 「仏炎苞」と呼ばれています。

鮮やかな苞のイメージが強いですが、

  • 葉の表面にビロード状の光沢があるもの
  • 葉脈に白い斑が入るものなど

葉の美しいものがたくさんあります。

大鉢でボリュームのあるものは、 「贈答用」としてもよく利用されます。

  • その他、小型の 「ヒメアンスリウム」
  • ベニウチワと、その交配種などの 小鉢仕立て
  • ミニ仕立てなども人気です。

 

自生地での様子

湿潤していて、木漏れ日が差すような場所に生育します。

地面に根を張って地生する種もあるが、

アンスリウム・アンドレアヌムなど観葉植物として流通している種の多くは、

茎の途中から「気根」を出して樹木などにからみつくように着生して育ちます。

 

栽培下での成長の様子

成長すると株のボリュームが増し、葉の付け根などから 「気根」を出します。

「気根」が土に接すると肥大し、自分の体を支えるようにして株が立ち上がります。

 

育て方のポイント

置き場所

  • 室内では、 レースのカーテン越しの日光が当たる場所に置きます。
  • 夏に外に出す場合は、 直射日光の当たらない明るい場所に置きます。
  • 最低でも10℃あれば越冬できますが、15℃以下で上手く育てれば 周年生(苞を楽しむことができます。

 

水やり

  • 表土が乾いてから水を与えるのが基本です。
  • 冬は、 表土が乾いてから1〜2日後に与えます。

 

肥料

  • 春に 緩効性肥料を与えます。
  • 旺盛に成長している株は、 春から夏に薄い液肥を与えます。

<緩効性肥料 粒状タイプ>

<錠剤タイプ>

 

<液体タイプ>

 

病害虫対策

風通しが悪いと、アブラムシ、カイガラムシがつくことがあります。

<病害虫対策>

 

仕立て直しと増やし方

  • 順調に育つと、新芽がたくさん出て 1〜2年で鉢がいっぱいになります。
  • そんなときは 「株分け」するか一回り大きな鉢に 植え替えます。
  • 植えつけるときは、新芽の出ている高さまで、 やや深植えにしても良いです。
  • また、 「気根」を水コケで巻いて、 「取り木」することもできます。

 

種の取り方

「苞」の中心にある黄色の部分がアンスリウム のです。

これは、熟すと「種」になる部分です。

「苞」の色が悪くなってきたら、花茎ごと根元から切り取りましょう。

 

株分けの方法

鉢からはみ出るくらいに成長した株は、大きな鉢に植え替えるか「株分け」しよう。

鉢からはみ出るくらいまで成長した株を、そのままにしていると成長するスペースがなくなります。

そんなときは「株分け」して新しい用土で植え替えます。

 

〜「株分け」の手順〜

  1. 鉢から抜き、 古い土を落とします。
  2. 株元を持って、 根をほぐしながら少しずつ手で分けていく。
  3. 自然に分かれる部分があるので、そこで分けます。
  4. なるべく 根を切らないように、根がからみあっている場合は慎重に分けます。
  5. 株は均等に分かれなくてもOKです。
  6. 分けた株の 大きさに適したサイズの鉢に植えつける。
  7. 鉢底に少量の 「鉢底石」を入れ、その上に用土を入れる。
  8. 片手で株を持って、 株が中央にくるように用土を入れる。
  9. 最後に、 「割り箸」などを 鉢の縁周に挿したり、鉢をトントンと 揺すったりして沈んだ部分に土を足し、 隙間をなくす。
  10. たっぷりと水を与えて完了です。
  11. 新しい根が出るまで 半日陰で管理します。

 

最後に

サンスベリア は赤い綺麗な花(苞)が印象的でとても美しいですが、

あれは「花」ではなかったのですね💦

 

「花言葉」は、

  • 赤:情熱
  • 白:熱心
  • ピンク:飾らない美しさ

「風水」でも、西:恋愛運、東:結婚運が良いそうです💓

大鉢仕立てにすれば、 「贈答用」にも喜ばれています。

ご自身のものも良いですが、ご結婚される方に送ってはいかがですか💓

 

 

本日は以上となります。
最後までありがとうございました🍀

 

【観葉植物の増やし方】株分け・挿し木・取り木・葉挿しでモリモリ増やそう!株分け:4月下旬から盛夏まで。手で分けられる場合には手で、根が回っていてほぐしにくい場合には、ハサミで切り分ける。あまり細かく切り分けると回復に時間がかかるので、 2〜4分割するのが一般的です。 挿し木:植物の根以外の部分を切り取り、土に植えて根を出させ増やす方法です。 取り木:幹の表皮をぐるっと 2cmほどの帯状にはぎ、周囲を湿らせた 水コケで巻き、 ビニールで包んでおく方法です。...

 

観葉植物☆乾燥が好き?多湿が好き?種類別の管理を知って水やりしよう!植物の育った「ふるさと」を知って、特性や仕組みを生かして育成することが大切です。 1,弱光&多湿を好む仲間 2,やや弱光&多湿を好む仲間 3,強光、やや強い光を好む仲間 種別に応じた「水やり」や「日光量」を適切に管理することが大切です。...

 

やさしい解説!観葉植物の肥料|与えるタイミング・種類・おすすめの肥料観葉植物に与える肥料は、無臭の「化成肥料」が適しています。 観葉植物を植え付けるときに、事前に与える(元肥)粒状タイプの肥料は、根が直接肥料に触れてもトラブルの心配がなく安心です。表土にまいて「追肥」としても使えます。  固形タイプも、「無臭」で害虫の発生が少ないです。鉢の縁に少し埋め込んで置くことでゆっくりと作用して長く植物に栄養を与えてくれます。  液体タイプは、即効性があるが、持続性がありません。植物の成長期に規定量の倍に薄めて、「水やりの代わりに」与えるのが良いでしょう。...

 

観葉植物|水はけの良い土配合4パターン比較&最適な鉢の種類とサイズ良い土は、水はけ、水もち、通気性が良いことです。 観葉植物の生育に大きく影響するのが、「鉢に入れる土」です。 理想的な土の条件は、 ①水はけが良い ②水もちがよい ③通気性がよい...

 

きもい!観葉植物の害虫は早期発見と対策が重要!おもな害虫11種も解説!観葉植物には、他の植物と比べて、害虫はつきにくいです。 しかし、いくら適した環境を保っていても、購入前に土に害虫の卵が混入していたり、 窓からの風に乗って害虫が運ばれてくることもあります。  ほとんどは、毎日の観察をして、害虫を発見したらすぐに対処することで、病害虫から大切な観葉植物を守ることができます。...

 

ABOUT ME
Megu
観葉植物の専門ブログです。 挿し木、取り木、葉挿しなどの増やし方や、 剪定方法、植え替え方法などの解説と、 「ドラセナ、モンステラ、パキラ、サンセベリア 」などの 再生・栽培レポートも書いています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA